ケアマネージャー試験の2018年からの新制度の変更点

ケアマネージャーとは

「もし身近な方が、介護が必要になったら、どの様な介護が必要で、どの介護サービスを選んで、生活環境にどの様な介護道具を導入しますか?」この時頼れる相談役がケアマネージャー(介護支援専門員)です。
ケアマネージャーは、要介護者のケアプランを作り、介護サービスの業者の選定や連絡調整を行ってくれ、ケアプランで介護をする段階まで導いてくれます。
また、要介護者の状態や要望に応えて、ケアプランの変更を行う際には、要介護者や家族、介護者サービス業者、専門職を交えてプランについて検討する担当者会議を開いて、要介護者に適した介護と介護者の自立を促すプランを考えるのが、介護現場の司令塔と呼ばれるケアマネージャーの仕事です。

ケアマネージャーの資格とは

ケアマネージャーの資格は、介護業界の中でも、取得が難しい試験だと言われています。
なぜなら、まず試験資格が厳しいからです。
しかも2018年度からケアマネージャー試験を受ける為の必要資格が変更されさらに難しくなったと言われています。
2018年度からの新制度での受験資格は以下の資格いずれかを有し、業務経験が5年以上が必要となりました。
『1』国家資格等に基づく業務
 医師、看護師などの医療系専門職やはり師、柔道整復師、栄養士なども含まれる。 
『2』生活相談員
『3』支援相談員
『4』相談支援専門員
『5』主任相談支援員

『1』については以前から変わりませんが、2018年の新制度以前は、「介護資格を有し、介護業務5年を経過した者」と「介護業務経験が10年以上の者」も試験を受けられたのですが、新制度からは対象外となりました。


このコラムをシェアする