必要資格、国家資格等に基づく業務と「生活相談員と支援相談員」

「国家資格等に基づく業務」

ケアマネージャーの受験資格がある「国家資格等に基づく業務は」以下の通りです。
医師、歯科医師、薬剤師、保健師、助産師、看護師、准看護師、理学療法士、作業療法士、視能訓練士、義肢装具士、歯科衛生士、言語聴覚士、などの医療関係者。
社会福祉士、介護福祉士、などの介護関係者。
あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師、柔道整復師、栄養士(管理栄養士含む)、施術者資格とその他の資格。

注意点としては、これらの資格を有しているだけでは受験資格は得られず、「要援護者に対して、直接的な救護活動、援助活動を5年以上経過した者が受験資格を有する」とあり、つまりこれらの資格を有して、実際の医療やケアの分野で、患者や介護者に対応している期間が5年以上必要だという事です。

ただ、この受験資格の「国家資格等に基づく業務」は2018年以前の制度から変更はありません。

「生活相談員」と「支援相談員」

2018年からの新制度での受験資格にある「生活相談員」と「支援相談員」は、同じ業務を行いますが、生活相談員が「介護老人保険施設で働く場合、支援相談員と呼ばれる」のです。
また「生活相談員」と「支援相談員」は資格では無く職務の名前です。
「生活相談員」の業務は、高齢者やその家族からの、介護や性格の相談に対応して、高齢者やその家族が安心して毎日を送れるようにサービス計画を作るのが主な業務です。
主な就職先は特別養護老人ホームやディサービス、などが勤務先となり、利用者の窓口や、利用者と介護スタッフ、主治医の橋渡しを行います。

「生活相談員」となるため資格は、社会福祉士、精神保健福祉士、社会福祉主事任用資格の3つの資格の内、最低1つを持っていなければなりません。


このコラムをシェアする